"世界のジャーナリズムにふれ、グローバルな 知性、洗練、ユーモア を磨く" - Our Vision at 海外雑誌ドットコム

ご利用規約

◆ 定期購読開始までの流れ◆

① 定期購読ご注文 & 決済 (弊社よりご注文確認メール 自動送信)
② 決済完了後、決済完了メール送信。各国出版社へ定期購読のお手続き
③ 各国の出版社配送センターより、お客様へ直送。
~ 約8週間~14週間前後で定期購読スタート (2冊目からは、毎月ほぼ定期的に配達)~

◆ サービスご利用規約 ◆

■ 購読料金に含まれるもの

- 年間購読料金〔雑誌本体+送料〕
- 購読手続きサービス手数料
- 購読期間中のサポートサービス 〔クレーム、住所変更、その他〕


■ 定期購読開始に要する日数

定期購読の開始は、刊行頻度により異なります。通常、月刊誌の場合で、ご注文日(決済完了後)から計算して、おおよそ8~14週間前後で配達が開始いたします。
合併号の次のナンバーより開始になった場合など、配達の開始には上記の日数を超える場合がございますので予めご了承下さい。
配達日に日数を要するのは、初回の配達のみで、2冊目からは、ほぼ定期的に配達されます。


■ 2冊目からの配達日数

大半のタイトルは、各国の発売日より、おおよそ2~3週間前後で配達されますが、一部例外のタイトルもございます。出荷時期、各出版社が契約している輸送会社により、配達に若干の遅延が発生する場合がございます。


■ クレームに関して 〔未配達の場合〕

購読雑誌がお手元に届かなかった場合は こちらからクレームをお送り下さい。

こちらからクレームをお送り下さい。至急出版社へ発送状況を確認し、クレームを手配いたします。クレームの際は、再送もしくは延長どちらかのご希望をご連絡下さい。特にご指定がない場合は、ご購読の延長という形で手配させて頂きます。再送を希望された場合でも、出版社に再送可能な在庫がない場合は、ご購読の延長で対応させて頂きますのでご了承下さい。月刊誌の場合、未配達をご報告を頂く期間は、未着ナンバー月から2ヶ月以内といたします。(例:3月号の場合、5月31日まで)出版国の発売日より4週間が経過しても配達されていない場合は、未配達のクレームをご報告下さい。尚、4週間は、前回の配達日からの計算ではなく、出版国の発売日より計算されます。


■ クレームに関して〔落丁/乱丁/ダメージ〕

乱丁、落丁、破損などがございました場合は、こちらからクレームをお送り下さい。

。クレームの際は、再送もしくは延長どちらかのご希望をご連絡下さい。特にご指定がない場合は、ご購読の延長という形で手配させて頂きます。再送を希望された場合でも、出版社に再送可能な在庫がない場合は、ご購読の延長で対応させて頂きますのでご了承下さい。破損クレーム期間は、配達日より2週間以内とさせて頂きます。


■ カスタマーサポート

弊社での カスタマーサポートは、すべてオンライン上でのご提供となります。


■ 購読タイトルの発行頻度が変更された場合

2009年より、米国では不況に伴い、多くの出版誌の発行回数が変更されております。 主に、年間12冊発行されていた月刊誌の多くは、現在、年間2回の合併号が組まれ、合計10冊の発行に切り替えられております。海外の出版社では、公表をせず、発行回数が変更される場合がございますので、予めご了承下さい。


■ 配達が開始しない/未配達が続く場合

弊社では、出版社が導入している配送システムに関して一切責任を負えかねますので予めご了承下さい。
購読期間中に、原因不明の未配達が発生し、未配達が続く場合、または初号がいつまでもたっても配達されず定期購読が開始されない場合など、弊社が サービスを履行出来ないと判断した場合、弊社よりキャンセルをお願いする、もしくはお客様がご希望であればキャンセルが可能な場合がございます。 既に配達が開始している場合、通常、お支払い頂いた購読料金より、弊社の手数料と既に出荷されている冊数分の料金が差し引かれた残高が払戻しの対 象となります。(出版社からの払戻し合計がお客様へのご返金合計)尚、クレームをご報告頂いていないナンバーはすべて配達済みと仮定いたしますので ご注意下さい。

尚、銀行振込みでのご返金の場合、弊社の責任範囲以外で発生したご返金に関しましては、振り込手数料はお客様ご負担とさせて頂きますのでご了承下 さい。


■ 購読タイトルが廃刊になった場合
購読フォーマットがデジタル版になった場合も含む

万が一、ご購読の雑誌が廃刊(休刊)になった場合、出版社より直接購読者の皆様に廃刊後の対応に関しての通知が郵送されます。原則的に、弊社側よ り購読者の皆様へ廃刊の通知はいたしません。 購読誌が廃刊になった場合、大半の出版社では、同出版社内、もしくは他社より出版されている類似ジャンルの雑誌へ定期購読の残高が適用されます。 残高分を他誌へ変更可能なオプションが提示された場合、弊社ポリシーに基づき、払戻しはオプションにございませんのでご了承下さい。 弊社から出版社へ払戻し手続きを行うのは、出版社が廃刊誌から他誌へ残高を適用せず、出版社より弊社へ、払戻しが行われた場合のみとなります。通常、お支 払い頂いた購読料金より弊社の代理手数料と、既に出荷されている冊数分の料金が差し引かれた残高が払戻しの対象となります。
*払戻し対象額 = 出版社からの返金合計。
更にこの金額の 20%を、払戻しの処理手数料として差し引かせて頂きますのでご了承下さい。
稀に、出版社より購読者のご住所へ直接小切手にて払戻しされる場合がございますが、この場合、上記の処理手数料は発生いたしませ ん。
*各出版社が設定する廃刊時の対応に関して、弊社では賠償責任を負えかねます。
*ご返金額は、出版国為替より、弊社にて円換算後(三井住友銀行 TTBレート適用)、ご指定の銀行口座へお振込みいたします。尚、雑誌の廃刊等、弊社の責任範囲以外で発生したご返金に関しましては、振込み手数料はお客様 ご負担となりますので、ご了承下さい。
*2006年 4月17日より、ご購読直後に廃刊となった場合も、弊社のサービス手数料はご返金に対象になりません。


■ 自然災害、またはテロなどの影響で、配達 / サービスに支障が出た場合

海外、もしくは日本にて大規模な自然災害(地震、水害など)、もしくはテロが発生した場合、海外の出版社が、日本への出荷を一時的に停止する可能 性がございます。不可抗力な事態の発生時など、サービスが履行出来ず、一時的に業務を停止せざるを得ない場合がございますので、予めご理解下さ い。


ページトップへ